Copyright 2013 Mainichi Wanz Co,.Ltd. All Rights Reserved.

海軍乙事件を追う

日本の運命を決めた十二日間

── 後藤基治 著

ISBN 978-4-901622-94-3 C0231 /

定価1,100円+税 / 280頁

日本の敗戦を決定づけた昭和十九年マリアナ沖海戦の三カ月前、連合艦隊は司令長官が行方不明、参謀長以下が米軍の捕虜に、作戦計画書はマッカーサーに奪われていた!

日本新聞史上最大のスクープ「十二月八日、日米開戦」をスッパ抜いた著者が戦地で思いがけず海軍乙事件に遭遇!

「世紀のスクープ男」として戦後もその名を馳せた新聞記者が生涯をかけてまで追究した古賀峯一連合艦隊司令長官「死」のカゲの秘密とは?

TOPへ戻る