激白新撰組

新撰組大幹部のうち大正まで生き残った永倉新八が
小樽新聞記者に語った回顧録と、自らの身体に刻まれている
七つの刀傷の由来を著した手記を一冊に所収!
本書には、近藤勇、土方歳三、沖田総司らとの出会いと訣別、
芹沢鴨の粛清、伊東甲子太郎暗殺、池田屋事件などについて、
その場にいた者しか知り得ない生々しい証言が綴られている。
幕末維新を斬り抜いた男だからこそ残せた、
五年にわたる新撰組激動の実録!

>>戻る

Copyright 2018 Mainichi Wanz Co,.Ltd. All Rights Reserved.