開戦と新聞 付・提督座談会

「平和の精神によって日本人が生きる、
そのような日々が来てはじめて、
太平洋戦争に散った
三百余万の人々の思いは
生きるのであろう。
そして死者の思いが生きてはじめて、
過去は生者の未来に
かかわるものとなるのだ、
と私は思う」(本書「あとがき」より)
※なお本書は、毎日ワンズ刊
『海軍乙事件を追う』(2017年)を
再構成し、新原稿を増補したものです。

>>戻る

Copyright 2022 Mainichi Wanz Co,.Ltd. All Rights Reserved.